血液を調べてわかること

貧血にならないために存在する組織

血液を作り出すのは、主に赤血球です。
しかし赤血球が通常の数より少ないと、うまく血液を作れないので貧血になる頻度が多くなります。
その場合は鉄分を多く含んでいる食品をたくさん食べて、補わなければいけません。
何度か臨床検査を受けて、それでも赤血球が増えていなかったら、今度は薬などを使用します。
そのように臨床検査を受ければ、どんな対策をすればいいのか簡単にわかります。

そして医師が何通りか方法を教えてくれるので、言われたことを守ってください。
鉄分が含まれている食品を積極的に食べろと言われているのに、面倒に感じて食べないと赤血球は一向に増えません。
血液が足りないと、大きな病気になってしまうので注意しましょう。

輸血前にチェックする決まり

手術の時に使う血が足りなくなると、輸血して補います。
街でも、輸血を呼びかけている人を見たことがあるでしょう。
輸血をしようと思っても、病気を持っている人は断われます。
その時に、臨床検査を行います。
少し血液を採取して、病原菌を持っていないか調べます。
病気を持っていないことがわかったら、安心して輸血を行うことができます。

病原菌は、血液を通して感染するケースが多いです。
ですから健康な人から血液を採取しないと、患者を増やすことに繋がります。昔は臨床検査がなかったので、輸血の際に病原菌が侵入して、病気を発症して亡くなる人が多かったと言われます。
今はしっかり臨床検査があるので、血液で感染することはありません。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ